Hearing aid / Watch repair

腕時計修理

補聴器≫  おすすめ商品≫

箪笥(タンス)や引き出しの中で眠っている時計はありませんか? 電池切れの状態で長い時間放置してしまうと、中で液モレを起こし、大切な時計が壊れてしまう事もございます。 電池交換は、お早めに電池交換される事をおすすめします。

watch01 ■ 時計の修理や電池交換、バンドのお取替えを承ります

電池交換 750円(税込)~
バンド交換 20%OFFお見積り後修理させて頂きます。

時計バンドの上手な使い方

時計バンドを美しく長持ちさせるには、「いつも清潔に」を心掛けていただくことが重要です。
お手入れ方法をご紹介しますので、ご参考にしてください。

■ お手入れ方法

革バンドのお手入れ
・ 革バンドは少し「ゆるめ」にはめてください。
・ 汗・水分・化粧品等には気をつけてください。
・ 天然バンドは汗や水分が付着したときは、乾いた布でよく拭き取ってください。

金属バンドのお手入れ
・ 金属バンドも少し「ゆるめ」にはめてください。
・ 無理に折り曲げないようにしましょう。
・ 金属バンドの洗浄は、超音波洗浄器が有効です。
(時計本体は超音波洗浄器の中に入れないで下さい!)

⇒ ご持参いただければ、店舗にて洗浄を承ります。

■ 時計バンドの豆知識

その1.革バンドの素材の種類は?
普及品 : 牛革、ワニ、トカゲ、馬、豚、山羊、ダチョウ、ロバ、サメ
ナイロン、ウレタン、合成皮革
珍品   : 象、せんざんこう、ウミヘビ、蛙、海亀、彪

その2.丈夫な革バンドは?
合成皮革、ナイロン、ウレタンが比較的強い素材でしょう。
天然皮革では、ワニ、トカゲ、サメ (理由 : 水に強いので丈夫)
因みに、オーストリッチ、山羊、ペッカリー等は丈夫ではありません。

その3.革バンドはどれくらいもつのか(耐久性)?
使用頻度、季節、お手入れの状況によって大きく変わりますが、天然皮革で1~2年です。
ただし、ゆるくしめて頂き、お手入れをして頂ければ2~3年はもちます。

店内には、時計バンドを常時展示しております。