TAISEIDO Blog

眩しさの改善に

最近夜運転をしている時に対向車のライトが眩しく感じませんか?

LEDやHIDが増え夜間運転は昔よりしやすくなったものの、「車の夜間走行はハイビームが基本!」だとか「車の夜間走行は原則ハイビームでないと違反…?」などという何か勘違いしている人やホームページが増え、やたらとハイビームで走り続ける迷惑ドライバーが増えていることも事実です。

あれはあくまでも対向車や歩行者がこちらに向かってきていないことを前提とした話ですし、後ろの車にハイビームをされたら前の車はたまったもんじゃありません。

NAVERまとめ:::車で夜間走行する際、ライトは上向き?下向き?実は上向き(ハイビーム)が基本だという事をご存知でしたか?しかし、状況に応じて使い分けないと、対向車や歩行者に危険をもたらす場合もあります・・・記事 ↓  ↓  ↓
https://matome.naver.jp/odai/2140197694319745201

そういったことがトラブルの原因にもなっています。

さて今回ご紹介するのは、当店おすすめの最強防眩レンズのご紹介です。

「とにかく夜眩しくて何とかならないか・・・?」というご要望に応えるべく当店がお勧めしたレンズはコチラ ↓  ↓  ↓

メイド・イン・ジャパンの眼精疲労予防 特殊コーティングレンズ

「ネッツペックコート」「ネオコントラスト」

レンズの裏面に、光の透過を抑えた半透明の六角形状の特殊金属を、レンズ全体に網目状にコーティングし、木陰から陽の光を見るのと同じような効果が得られたネッツペックコートを施し、さらにそのネッツペックコートを施したレンズに特定波長を抑制する特殊染料をレンズ表面に塗布することにより、人が最もまぶしさを感じる585nm付近のイエローライトをピンポイントでカットします。色彩感を向上させつつ、まぶしさを最大限に抑えることのできるレンズです。

一般的な反射光

↓  ↓  ↓

ネッツペックコーティングを施したレンズの反射光

クリックすると拡大します ↑ ↑

ネオコントラストには2種類のカラーがあり、 ライトブルー系の視感透過率77%のネオコントラストとクリアブルー系の視感透過率88%のネオコントラストライトがあります。

今回は限りなく見やすいものをという事でライトブルー系の視感透過率77%のネオコントラストに決定。

これすごいんです! 眩しさが気になる方、どうぞご相談ください。