Lens

偏光レンズ

車を運転される全ての方におすすめしたいのが 「偏光レンズ」 単なる色の着いた光量を減らすサングラスとは違い、ギラギラとした反射光をカットしてくれますので、フロントガラスへの映り込みや対向車からの反射光、さらに路面の反射もカットして、快適な視界を確保する事が出来る優れものです。

■ 偏光レンズの見え方

難しい説明より実際に下記の写真を見ていただければ、偏光レンズの凄さをご理解いただけると思います。

そのまま撮影                        偏光レンズを付けて撮影CA3C0088  CA3C0078

8月の雨上がりの日に路面を撮影したものです。 左の写真は、太陽光が路面に反射して白線も途中で消えていますし、交差点付近がかなり見えづらくなっています。 右の写真は、その場でカメラの前に偏光レンズのサンプルをかざして撮影したものです。 一目瞭然だと思いますが、路面の反射はほとんど消え、白線はクッキリとし、さらに周りの景色までハッキリと見えるようになりました。 この違いからも判るように、夏場や夕方の日差しが強い時、雨の日や雨上がりなどは必須アイテムとなるでしょう。 ご旅行などの長距離運転にも超おすすめです。 個人差はありますが、長時間の運転では圧倒的に疲れ方が違います。

調光レンズ

紫外線から眼を守ってくれる「調光レンズ」
紫外線は肌だけではなく、眼にもダメージを与えるということをご存知ですか? まぶしさを和らげるだけのサングラスでは眼へのダメージを防ぐことができません。 調光レンズを使って、紫外線から眼を守りましょう。

遠近両用レンズ

境目のないレンズ。遠くも見えてユレも少なく、パソコン、本など手元をご覧になる機会の多い方に適しています。

enkinryouyou1enkinryouyouenkinryouyou1

中近両用レンズ

境目のないレンズ。遠くも見えてユレも少なく、パソコン、本など手元をご覧になる機会の多い方に適しています。

enkinryouyou2enkinryouyou2enkinryouyou3

特殊加工レンズ

生活環境、職場、趣味など用途や環境に合わせ、ブルー光カット、キズ防止コート、静電気防止コート、くもり防止コートなどの最適な特殊加工をすることで、快適にメガネをお使い頂くことができます。

ブルーライトカット加工
bluelight近年、パソコンやスマートフォン、タブレット端末などと長時間向き合う機会が増え、眼の疲れや痛みを訴える人が増加しています。
ブルーライト対策コーティングは、視力の悪い人のためのものと認識されていたメガネレンズの概念を打ち破り、時代のニーズを捉えた、まさに画期的なメガネレンズコーティングです。
社内・自宅でパソコンを良く使っている視力の良い人にもおすすめのレンズです。
詳しくはこちら ⇒ 製品例 : NIKON ブルーライト対策コーティング
キズ防止コート
kizu2「キズに強く」「汚れに強く」「ホコリがつきにくい」といったコーティングを施します。
料理の油ハネ汚れや、汗、雨、お化粧、指や頬が触れた汚れなどをひと拭きでキレイに、またほこりもつきにくくするので、レンズを拭く際につく微小なキズも防ぐことが可能です。
詳しくはこちら ⇒ 製品例 : 東海光学 マックスシールドコート

kizu1  kizu3
静電気防止コート
メガネレンズは、日常的に過酷な状況にさらされています。
静電気防止コートをすることで、大切なレンズをキズや汚れからしっかり守り抜いて、いつでも快適な視界をキープします。
詳しくはこちら ⇒ 製品例 : HOYA ヴィーナスガードコート

  seidenki  seidenki2

流行の3Dについて

流行の3D、実はちょっとやっかいなものなので、何かのお役に立てればと思い、眼鏡専門店の視点からご説明させていただきます。

流行の3Dについて >>>